無痛治療

痛いのだけは「イヤ」だ…、麻酔は痛いので苦手だ…
という方も安心治して療を受けることができます。

無痛治療

痛いと思っている歯医者のイメージを変えたい。

当院では、ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において
「痛みの少ない治療」「なるべく削らない、歯を抜かない治療」
を基本に丁寧で安心な治療をモットーに診療しております。

痛みのない治療のために

みなさんが歯医者に対するイメージとして、「痛い」「恐い」そのようにお考えではありませんか?
とくだ歯科クリニックでは、できるだけ痛みの少ない治療を心がけております。

具体的には麻酔をすればその後の痛みがでることは少ないです。
しかし、その麻酔の注射をするのに痛みが伴います。

そこで当院では、麻酔の注射時の痛みも感じさせないよう、様々な取り組みを行っています。

ポイント1.表面麻酔

画像

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。
しかし注射針を用いる以上、刺す際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。

それを緩和させるために、麻酔を打つ前に
とくだ歯科クリニックではイチゴ味バナナ味の塗り薬の表面麻酔を
まんべんなく麻酔の針を打つ場所に使用します。

ポイント2.極細の注射針

画像

太い針で麻酔をおこなうと痛みが出る可能性が出てきます。
そこでとくだ歯科クリニックでは、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。
なので、痛みを軽減できます。

ポイント3.麻酔剤の加温

画像

麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じられてしまいます。

そこで当院では、体温とほぼ同じ温度に麻酔剤を温める道具を取り入れ、
1年を通じて適温で麻酔剤を投与できるようにしています(冬場でも心配ありません)。
なので、痛みを軽減できます。

ポイント4.電動麻酔注射

画像

「痛くない」麻酔。それを実現するのが最新の電動麻酔器です。
人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、
歯医者の悪いイメージの痛い麻酔になってしまいます。

しかし、とくだ歯科クリニックの注射は手動ではなく電動です。
注入速度、注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールすることで、
痛みを抑えることができます。

ポイント5.適切な位置への麻酔を注入することの大切さ

画像

麻酔を注入する位置を十分考えて、麻酔を行わないと、痛みが生じることがあります。
しっかり、麻酔を十分に効かせるため、適切な位置に十分麻酔を注入しないと治療中に痛みを生じます。

とくだ歯科クリニックでは、適切な位置への麻酔を行うこと大切にし、
痛みを最小限に抑えた治療を行っています。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00

/

/

15:00~20:00

/

/

/

休診日
休診・・・日曜日・祝日・土曜日午後

© 枚方市の歯医者・歯科医院ならとくだ歯科クリニック. All Right Reserved.